定年後の為に行政書士の資格取得方法

定年後

定年後の為に行政書士の資格を取得しましょう。

 

定年後の人生は自分で守り、自分で切り開いていくしかありません。

 

定年後の為に行政書士の資格を取得したいと思う理由は、人それぞれありますが、間違いなく言える事は取得しておいた方が、あなたの人生を切り開く事に役立つ武器になる可能性があるという事です。

 

定年後に行政書士になりたい理由は、経済的な理由があります。

 

資格を取得しておけば行政書士として再就職も可能になります。

 

または、自宅で開業する事も出来ます。

 

定年後に、何かの商売を始めようや開業をしようと思えば、数百万円から数千万円掛かる事も珍しくありません。

 

しかし、行政書士は自宅を利用して開業することも可能なので、数十万円程度で開業する事ができます。

 

年金+200万円でも300万円でも稼ぎたと言う程度であれば、定年後から始めても十分可能です。

 

もちろん定年後もしっかり稼ぎたいと言う人は、しかっりと営業活動をおこなっていけば5〜600万円くらいから1千万円以上も可能です。

 

勘違いしてはいけないのは、行政書士の資格を取得すれば、簡単に稼げると言う事はでありません。

 

営業活動次第では可能と言う事なので勘違いしないようにして下さいね。

 

ただ、行政書士を取得するのは、以外にも年配の人が多い資格なのです。

 

行政書士は、現役の時に人脈を作っておけば、定年後に仕事を回してもらう事は可能なので、意外と定年後の方がやりやすい部分もあります。

 

経済的な理由だけでなく、定年後の人生!を考えた時にも、行政書士の仕事は魅力があります。

 

定年後!と考えた時に、定年から平均寿命まで15年20年はあります。

 

この時間をすべて遊んで暮らしていくには、長すぎる時間と言えるでしょう。

 

やはり、元気で体が動くうちは、仕事をしていきたいと思います。

 

その点も、行政書士は最適です。

 

ある程度は、自分でコントロールしながら仕事をする事が出来るからです。

 

遮二無二働くのではなく、自分のペースで仕事をする事も可能です。

 

定年という時期までに、会社に残る後輩や部下、取引先などにあなたが行政書士になる旨を伝え、仕事を回してもらう準備をしておけば、かなり良い条件で仕事が出来る可能性はあります。

 

行政書士が扱う書類類は約1万種とも言われます。

 

どの業種でも何かしらの仕事を請け負う事の可能性があるのです。

行政書士の資格取得方法

行政書士の資格を取得する為に、学習方法はいろいろとあります。

 

大事な事は、この学習法を間違えてはいけないと言う事です。

 

この学習法を間違えると、合格までに異常な遠回りをしなければいけなくなったり、余分な費用が掛かったり、根本的に合格できない内容を学んでいたなどとなってしまいます。

 

行政書士を取得する為に、どのように学ぶのを、始めの段階で間違えてはいけないという事です。

 

行政書士を学ぶ方法としては、独学、教室(スクール)、通信講座などがあります。

 

結論から言えば、通信講座のフォーサイトと言う通信講座が一番です。

 

まず費用から比較すると、スクールでは20万円くらいは掛かります。

 

通信講座は5万円くらい。独学ではテキスト代で1万5千円から2万円くらいです。

 

同じ合格と言う目的を達する為に、20万円も掛ける必要はないと思います。スクールで学ばなくても、通信講座で良い教材を選択してしっかり学べば合格が出来るからです。

 

独学は費用的には一番安いです。しかし、行政書士を学ぶには一冊の書籍ではなく、何種類もの書籍を用意します。

 

このテキスト選びも確実に合格出来る為の書籍を選べるかです。

 

違う出版社の書籍を買い揃えると、そこには重複した内容があったり、不足した内容があるかも知れません。

 

また、足りないと思えば結局は買い足していかなければいけなくなります。

 

実際は費用も時間もとても無駄な方法となります。

 

費用対効果や自宅で学習できる効果的な方法として、一番は通信講座であってその中でも最適な講座がフォーサイトなのです。

 

合格率が全国平均を上回る勉強法の正体とは?

フォーサイトの通信講座

フォーサイト?と言う通信講座は、今まで聞いた事がなかったかも知れませんね。

 

それは、このフォーサイトは過剰な広告などをしなからです。広告をうつのではなく、その正反対を向いているからです。

 

大手企業の通信講座は大々的にテレビコマーシャルをおこないます。しかしフォーサイトは違うベクトルなのです。

 

広告に資金を投入するのではなく、本質の教材の製作費に資金をつぎ込んでいると言われる通信講座だからです。

 

なので、一般的には知られていないフォーサイトと言う名前も、行政書士を目指している人にはとてもメジャーで人気のある通信講座になっています。

 

これは広告によって知名度を上げたのではなく、実績による口コミで評判を伸ばした結果によるものです。

 

受かる通信講座として、大手の通信講座より実績が講座になっています。

 

結果がすべてを物語っています。

 

2013年の行政書士の合格率は全国平均で、10.10%ですが、2013年のフォーサイトの合格率は23,28%!実に2.3倍の合格率です。

 

このように毎年、全国平均よりも1.5倍から2倍くらいの高い合格率の実績を上げています。

 

価格も一番安い内容が32,550円です。独学で書籍を揃えるのと大きく変わりません。

 

しかも、この価格はCDかDVD,もしくは両方が付いている価格です。

 

一応価格帯を記載しておきます。

 

・基礎講座 32,550円〜52,550円
・過去問講座 34,800円〜54,800円
・バリューセット 64,800円〜84,800円

フォーサイトの人気の内容

フォーサイトが他の講座と違う点は、満点主義ではないと言う事です。

 

従来の行政書士はすべての範囲を網羅した満点を狙える内容である事です。

 

満点を狙える内容と聞くと満点の方が良いと思いますね。

 

しかし、冷静に考えてみて下さい。

 

これは試験の範囲をすべて網羅していると言う事だけで、膨大な学習時間が必要になり現実的には途中で挫折する原因になっているのです。

 

何でも載っているテキストは、安心感を与えてくれます。しかしそのテキストには何の工夫もないのです。

 

出題範囲をすべて掲載すれば良いのですから!

 

ただ、あなたが目指しているのは満点を取る事では無いはずです。

 

行政書士の資格を取得する事が目的のはずです。しかもできれば最短で取得できれば更に良いと思っているはずです。

 

ここが、考えて作られているフォーサイトの通信講座の違うところです。満点を取る講座から合格する為の講座になっている事です。

 

合格ラインをクリアすれば良いのです。

 

やみくもに何でも覚えようとするのではなく、少ない分量を繰り返し勉強する方が、短い時間でしっかり記憶に定着するのです。

 

その結果、効率よく学習を進める事ができるのです。

 

では、その絞り込んだ学習内容が根本的に間違っていたら、何にもなりませんね。

 

そのポイントを外していないので、フォーサイトの通信講座は人気があるのです。

 

低価格で一番受かりやすいと思う通信講座です。

 

詳しい内容は公式サイトで確認をして下さい。

 

定年後,行政書士,資格,取得,方法